アタッカーの工夫

アタッカーの工夫について

過去記事でもふれたことがありますが、現在、アタッカーには様々な形状がありますね。

昔は↑図のような扉タイプが多かったかと思います。

ただ、より大当り中の玉ヘリストレスを軽減する方法はないか、もっと大当り消化を速くする方法はないかと考えて、でてきたのが

例えば、ゼロアタッカーですね。

球の通路上に2つのアタッカーを配置し、交互に消化することで、ラウンド間のインターバル(閉まってる時間)を短くし、消化時間を速めることに成功しました。

なぜ、1アタッカーだとそれができないのかというと、アタッカー内に球が残っている状態で、次のラウンドへ移行し、アタッカーが開くと不適合になるからです。

これをダブルアタッカーとすることで、片方のアタッカーで消化している間に、もう片方のアタッカーはしまっている時間を確保しているのです。

とはいえ、アタッカーを2つ盤面に設けるというのは、それなりに領域を使用するので、できれば避けたいです。

1アタッカーで同じ性能がだせないかなというので、また各社いろいろ出してきます。

上図のようにスライド式アタッカーを工夫した形がそれですね。

そして、最終的に登場したのが通路が出現するタイプのアタッカーですね。

スピードアタッカーなどとよばれているものです。

アタッカーの工夫の歴史は面白いですよね